女性のコンプレックス|人気の美容外科を知りたいならまずは口コミ情報をチェックしてみよう

女性のコンプレックス

本を読んでいる女性

美容外科では膣縮小手術を受けることができます。
膣縮小とは、出産や加齢によって膣がゆるんでしまったという悩みを解消するために、膣の入り口を小さくしていく施術です。
膣縮小手術は、パートナーが満足していないのではないかと気になっている人や、入浴時に中にお湯が入りやすい人、男性経験が多いと思われないかと気にしている人などにおすすめの施術です。

施術内容は、内径が拡大してしまった膣のトンネル壁の皮膚を、部分的に切除したり、引き締める役割をする括約筋を狭めることで、膣を狭くしていきます。
特に出産後に膣のゆるみが気になるという女性が多く、婦人科形成の手術の中でも、膣縮小手術は人気となっています。

最近は、ヒアルロン酸や自分の脂肪を注入して膣のしまりをよくする治療法もあり、手軽に行えるプチ整形として注目されています。
ヒアルロン酸や脂肪注入のメリットは、施術時間も短くメスを使って切開しませんから、痛みもほとんどなく通院の必要もないということがあげられます。
ただ、持続期間が短く、再度施術を受ける必要があるというデメリットがあります。
そのため、膣のゆるみがそれほど深刻ではない人や、出産の計画があるという人に向いているといえます。

一方、従来の手術は、膣の入り口から数センチ入った部分を縫い縮めたり、膣壁の皮膚を切除縫合することで、1回の施術でしっかいと引き締まり恒久的で確実性の高い効果を期待することができます。