その他のコンプレックスも|人気の美容外科を知りたいならまずは口コミ情報をチェックしてみよう

その他のコンプレックスも

電話をしている女性

ワキガや多汗症の手術も、美容外科では人気の施術となっています。
皮膚科などでもワキガや多汗症の手術を受けることはできますが、保険が適用される手術は、傷跡が残ることが多く、美容面からいうとおすすめできません。
見た目の美しさや傷跡が目立たないという点からいうと、美容外科での手術がおすすめです。

美容外科では、いくつかの手術方法があり、軽度のワキガであればメスを使用せずに極細のカニューレを使用して、においの元となるアポクリン汗腺を吸引するクイック法があります。
中程度のワキガの場合には、小さく皮膚を切開した部分から、極細のカニューレを吸引してアポクリン汗腺を吸引するコンビネーション法や、わきの下を切開して医師が目視でアポクリン汗腺を確認しながら除去していく剪除法などがあります。
この剪除法は、1~2週間程度のダウンタイムを要する手術ですが、においの元となるアポクリン汗腺の取り残しも少なく、確実に効果を得ることができる方法といえます。

美容外科では、ワキガや多汗症治療に、ボトックス注射が人気となっています。
ボトックス注射は、メスを使用しないため、手軽に行うことができ、1度の注射で半年から1年程度の効果を得ることができます。
軽度なワキガや多汗症であれば十分効果を得ることができますし、繰り返し注射を行うことで、効果が倍増するというのも特徴となっています。
また、ミラドライは、マイクロ波をアポクリン汗腺やエクリン汗腺に照射することで、汗腺にダメージを与えてワキガや多汗症を改善することができます。