デリケートゾーンの悩みも|人気の美容外科を知りたいならまずは口コミ情報をチェックしてみよう

デリケートゾーンの悩みも

シャボン玉をしている女性

美容外科では、女性器に関する相談が多く、膣のゆるみや女性器の黒ずみ、尿漏れなど他人にはなかなか恥ずかしくて相談できないため、一人で悩みを抱えているという人も少なくありません。
特に、デリケートゾーンは下着や衣服による摩擦によって、黒ずみが起こりやすい部分ですから、美容外科でも施術を受ける人が少なくありません。
黒ずみの治療には、塗り薬やレーザー治療、手術による部分切除があります。
塗り薬による治療は、ハイドロキノンという美白剤を半年から1年程度使用して徐々に薄くしていくことができます。
ただ、塗り薬で黒ずみを薄くすることができても、下着による摩擦などで再発する可能性もありますから、根本的に改善していくには、美容外科での手術が有効となります。

レーザーによる黒ずみ治療は、レーザーを使用して皮膚の深い部分にあるメラニン色素の細胞を直接破壊し、ターンオーバーの働きとともに表面に出て剥がれ落ちていき新たな肌へと生まれ変わらせていくことで黒ずみを取り除く施術になります。
長年蓄積された黒ずみ簡単には取り除くことはできませんが、複数回の治療を行うことで、皮膚表面に負担をかけることなく治療を行うことができ、美容外科でも人気となっています。

レーザーによって内側から徐々に取り除くという方法以外にも、メスなどによって物理的に切除するといった治療法もあります。
ただ、この手術は術後に傷跡が残ったり、左右の大きさがバラバラになるなどのリスクも伴いますから、手術を受ける際は慎重に行うことが大切です。